労務トラブルでお困りの企業様限定|問題社員対応・管理部のハラスメント・団体交渉・労働組合対策など|労務問題の解決に最適な弁護士を|経験豊富な弁護士に相談できる労務問題特化型相談サイト
掲載基準※|顧問契約 10社以上|法律助言実績 10社以上 or 法律助言業界 5つ以上|※当サイトに掲載する法律事務所には基準が設けてあり、顧問契約社10社以上、法律助言実績に関してうちいずれかを満たしている事務所を掲載。
労務問題が得意な弁護士一覧
Lawyer
電話相談不可
初回の面談相談無料
オンライン面談可能
TOKYO大樹法律事務所
代表弁護士近藤 博徳
所属東京弁護士会
東京都新宿区新宿1丁目26-1 長田屋ビル5階
注力分野
問題社員対応
解雇トラブル
団体交渉・労働組合対策
契約書・就労規則作成
残業代訴訟
人事評価・異動トラブル
ハラスメント問題
コンプライアンス問題
使用者側・労働者側双方の問題解決に取り組んできた経験から、弁護士が労務管理全般についてアドバイスし、適切に対応いたします。さらに、労働基準監督署の調査・勧告などにもアドバイス・対応いたします。
電話番号を表示
050-5228-6158
営業時間
平日:10:00〜17:00
初回の面談相談無料
オンライン面談可能
AZX総合法律事務所
代表弁護士高橋 知洋
所属第一東京弁護士会
東京都千代田区麹町1-4 半蔵門ファーストビル3階
注力分野
問題社員対応
解雇トラブル
団体交渉・労働組合対策
契約書・就労規則作成
残業代訴訟
人事評価・異動トラブル
ハラスメント問題
コンプライアンス問題
ベンチャー企業の支援実績が豊富!】【IPO実績100社以上】【ワンストップサービス】【スタートアップ特約あり:月額1000円】【オンライン面談可能】これまで10年以上にわたって、ベンチャー企業4000社以上をサポートしてまいりました。企業の設立~上場まで、ぜひお任せください。まずは30分無料の面談にて話をお聞かせください▼セミナー実績/弁護士経歴については詳細ページをご覧ください▼
電話番号を表示
050-5228-6159
営業時間
平日: 9:00〜18:00
初回の面談相談無料
オンライン面談可能
弁護士法人東京新宿法律事務所
代表弁護士中村 得郎
所属第二東京弁護士会
東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル46階
注力分野
問題社員対応
解雇トラブル
団体交渉・労働組合対策
契約書・就労規則作成
残業代訴訟
人事評価・異動トラブル
ハラスメント問題
コンプライアンス問題

顧問契約5.5万円(税込み)】【新型コロナ対策支援】【中小企業/個人事業主】【相談料0円】契約書のリーガルチェックなどの企業法務に関するご相談から、突然のトラブルまで幅広く対応いたします。
中小企業・個人事業主の方へ、持続化給付金の申請や借金の返済などの新型コロナウイルスにまつわる支援も行っております。
ご依頼者さまの要望に沿ったリーガルサポートを提供し、常に信頼される法律事務所を目指しております。あなたの企業の味方となりますので、ぜひご相談ください。

電話番号を表示
050-5228-6156
営業時間
平日: 0:00〜23:59,土日祝:00:00〜23:59
初回の面談相談無料
休日の相談可能
電話相談可能
オンライン面談可能
弁護士法人東京スタートアップ法律事務所
代表弁護士中川 浩秀
所属東京弁護士会
東京都千代田区麹町6-6-2 東急四谷ビル5F
注力分野
問題社員対応
解雇トラブル
団体交渉・労働組合対策
契約書・就労規則作成
残業代訴訟
人事評価・異動トラブル
ハラスメント問題
コンプライアンス問題

顧問契約:月額1万円~】【顧問契約先50社以上の信頼と実績】【セカンドオピニオン可能】【財務/ファイナンスのご相談にも対応】代表弁護士:中川浩秀は、法的な観点だけでなくビジネス目線でのアドバイスを得意としています。◆それぞれの会社に沿ったオーダーメイドの方法で解決◆労務問題を抱える経営者の味方となり、トラブルの予防(労務体制の見直し等)から、解決(従業員から訴えられている等)までお任せいただけます◆スピード感を持って、柔軟に対応しますので、ぜひ一度ご相談ください【料金表アリ】

電話番号を表示
050-5228-6157
営業時間
平日: 8:30〜20:00,土日祝:09:00〜19:00
来所不要
初回の面談相談無料
電話相談可能
オンライン面談可能
ユニヴィス法律事務所
代表弁護士矢吹 邦太郎
所属第二東京弁護士会
東京都港区虎ノ門3-8-8 NTT虎ノ門ビル6階
注力分野
問題社員対応
解雇トラブル
団体交渉・労働組合対策
契約書・就労規則作成
残業代訴訟
人事評価・異動トラブル
ハラスメント問題
コンプライアンス問題

四大法律事務所出身】【東証マザーズ・一部上場経験あり】ユニヴィス法律事務所は、国内最大手の法律事務所と急成長中のスタートアップ企業で多種多様な経験を積んだ弁護士が運営する企業法務専門の法律事務所で、グループ内には社労士・公認会計士・税理士も在籍する、ありとあらゆる労務問題をワンストップに支援可能なプロフェッショナルファームです。
多数の顧問先企業様からこれまでにご相談を受けた労働問題(ハラスメント、SNS、懲戒処分対応、未払い残業代精算、リストラクチャリング、労務コンプライアンス、内部通報窓口等)を解決してきた経験と実績をもとに、クライアント企業様の労務問題を解決するベストパートナーとしてアドバイスをご提供させていただきます。

電話番号を表示
050-5228-6160
営業時間
平日: 9:00〜18:00,土日祝:09:00〜18:00
弁護士選びのポイント
労働問題を日常的に取り扱う法律事務所は、多くの場合、会社側または労働者側のどちらかに特化して案件を受任しています。 労務問題を得意とする弁護士を見極めるには、実際に弁護士に相談をしてアドバイスを求めてみることが大切。その際、会社側の取り得る選択肢を複数提示したうえで、各対応のメリットやどのようなデメリットがあるのか、詳しく説明してくれる弁護士を選ぶのが望ましいでしょう。
  団体交渉をされたら…
団体交渉において、対応次第では「不当労働行為」に該当する恐れがあります。どういった対応なら問題ないかの知識が乏しい場合、交渉を有利に進められると不利な要求をのまされてしまうリスクがあります。企業側は不当労働行為と判断されてしまうことを恐れ、消極的な手段を選びがちです。そのため、安易な対応を社内完結せず、今後の方針を固める意味でも、弁護士に相談させることを強く推奨します。
問題社員は解雇できる?
問題社員の存在が社内に与える影響は少なくないことから、解雇方法を模索している企業は多いかと思います。安易な退職勧奨は訴訟に発展する可能性が高いため、問題社員を解雇するうえで確認すべき大事なポイントは『就業規則等の確認』『解雇方法の選択』『解雇予告の実施』の3つをまずは検討しましょう。不必要なリスク避けた解雇手続きを行う場合は、弁護士の力を借りるのがおすすめです。